マンガ「説話集」

サーリプッタとモッガラーナ サンジャヤとの別れ マンガ仏教「説話④」

サンジャヤとの別れ

このサーリプッタとモッガラーナのサンジャヤとのお別れの話は、
鈴木出版「仏教説話大系」1982年出版 監修:中村元先生・増谷文雄先生を参考にしてマンガとほぐし読みにしています。

「サーリプッタとモッガラーナ、サンジャヤとの別れ」

サンジャヤとの別れ①
サンジャヤとの別れ①
サンジャヤとの別れ①
サンジャヤとの別れ④

マンガ仏教「説話④」
「サーリプッタとモッガラーナ、サンジャヤとの別れ」

 

《サーリプッタ、モッガラーナにアッサジのことを伝える》

サーリプッタはモッガラーナのとこに行き、
アッサジから聞いたことを告げ、アッサジのうたも伝えました。

アッサジ
アッサジ

すべてものには原因が 

あってそのため生起して

すべてのものには原因が 

あってそのため消滅す

世尊はその因 解き明かす

するとモッガラーナもすぐに預流果(よるか)の段階の悟りを得ました。

 

そして、サーリプッタはモッガラーナにこういいます。

 

サーリプッタ
サーリプッタ
最初の先生である、
サンジャヤ先生に悟りの教えを得たことを告げてから、
新しい師のところに行くことを伝えよう。
そうすれば、
サンジャヤ先生も真実であることは分かってくださるだろう。
モッガラーナ
モッガラーナ
そうだね!サンジャヤ先生のところに行こう!

こうしてサーリプッタとモッガラーナはサンジャヤに会いに行きます。

 

《サンジャヤとの別れ》

 

二人を見たサンジャヤが皮肉っぽくこういいます。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
あなた方に悟りの道を説いてくれる人はみつかりましたか?

サーリプッタ
サーリプッタ
はい、先生、我々は求めていた師を見つけました。
仏がこの世に出現なさいました。

さあ、先生も一緒に、仏のもとにまいりましょう!

モッガラーナ
モッガラーナ
そう、先生も一緒に世尊のもとにいきましょう!

 

と二人は、サンジャヤもブッダの僧団に誘いますが、

サンジャヤはこう答えます。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
お前たちは行きなさい。わたしは行くことができない。

 

二人は驚きます!

サーリプッタ
サーリプッタ
なぜですか!先生!?
モッガラーナ
モッガラーナ
なぜですか!先生!?

 

サンジャヤは自分の器では、
大きな真理をうけとめることはできないと、

かたくなに拒否します。

 

二人がなんども説得をしますと、

 

サンジャヤはこう質問します。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
かつての弟子たちよ、

この世には賢い者と、愚かな者とどちらが多いですか?

 

サーリプッタ
サーリプッタ
愚かな者はあまりにも多すぎますし、賢い者はあまりにも少なすぎます。
モッガラーナ
モッガラーナ
そうですね、愚かな者はあまりにも多すぎますし、賢い者はあまりにも少なすぎます。

 

サンジャヤは答えます。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
そのとおりだ。

賢い者は、賢い者のところにいかせるがよい。

わたしは愚かだから、愚か者をわたしのところに、
連れてこさせればよい。

お前たちは行けばいい、

わたしは行かぬ!

こうして、

説得をあきらめた二人は、

サンジャヤの僧団を去ることにしました。

 

その二人のもとに、

 

500人のサンジャヤの弟子がついていったのをみて、

 

サンジャヤは叫んだ。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
行くな!

お前たちはここに残るのだ。

あの二人について行ってはならない!!!

 

サンジャヤの声は去っていく弟子たちの背にむなしく響いた。

 

サンジャヤ
サンジャヤ
帰れ~!帰ってくるのだ、、、。

 

悲痛な叫び声は弟子たちの姿が見えなくなっても続き、

 

ついにサンジャヤは、

 

落胆のあまり、熱い血を吐いた。

 

えん坊
えん坊
複雑だけど、同情するよ・・・。グスン・・・。

 

その後、

250人の弟子はサンジャヤのことを気にかけて戻り、

残りの250人がブッダのいる竹林精舎に向かいました。

えん坊
えん坊
よかったね、サンジャヤさん。

みんなとブッダのところに行けば、もっと良かったんだけどね。

 

《ブッダの下に行く》

 

そして、

竹林精舎では、

釈尊が修行僧たちに囲まれて説法をしていました。

 

遠くからサーリプッタとモッガラーナがやってくるのを見ると、

ブッダは修行僧たちにこう言いました。

 

ブッダ
ブッダ
修行僧たちよ、もうすぐここに二人の修行者がくるであろう、その二人はわたしの弟子となり、のちに二大弟子と呼ばれるようになるであろう。

 

サーリプッタとモッガラーナが竹林精舎につくと、

二人は釈尊に敬意をあらわして一礼をし、

僧団に入れていただくこと、

修行僧としてのまもるべき戒めを授けていただくことを願いでます。

 

ブッダはこたえます。

ブッダ
ブッダ
来たれ、修行者たちよ、

すべての苦しみをなくすために、

正しい修行をつみなさい

そう告げるやいなや、

神通力によってつくられた二人分の衣と鉢が現れます。

ふたりがそれを身に着けるとまるで100年もまえから出家している修行僧のように見えたのでした。

***「サーリプッタとモッガラーナ、サンジャヤとの別れ」 終わり***

えん坊
えん坊
サーリプッタさんとモッガラーナさんは、ちゃんと最初の師匠のサンジャヤさんにもブッダのことを伝えて一緒に行こうと誘ったんだね。サンジャヤさん自ら愚かと言って行かないところが泣けるよね。
サーリプッタ
サーリプッタ
えん坊、世尊に帰依するもの、帰依しないもの本人が決めることなのじゃ!固執するから苦しむのじゃ!「苦」の解決の教えが世尊の教えなんじゃ!ニヤリ!
えん坊
えん坊
サーリプッタさんの言うとおりだね!固執しているサンジャヤさんはそのままにしておいて、ぼーさんのとこに帰るね!
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、またサンジャヤさんのとこに行ってたのかい?

前回はこちら↓

サンジャヤ・ベーラティプッタ
「六師外道」サンジャヤ・ベーラティプッタ(詭弁論)マンガ原始仏典六師外道「サンジャヤ・ベーラティプッタ」 「詭弁論者」(きべんろんしゃ) 六師外道(ろくしげどう) 六...

説話集についてはこちら↓

マンガ説話「サーリプッタとモッガラーナ」
サーリプッタとモッガラーナ 幼なじみの幼少期 マンガ仏教説話大系「幼なじみのサーリプッタとモッガラーナ」 このサーリプッタとモッガラーナの幼少期のお話は、 すずき出版「仏教説話大系」1982年出版著...
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝