ブッダの教え「用語集」

「四顛倒」(してんどう)とは ブッダの教え・仏教・用語 

ブッダの教え「用語集」

四顛倒(してんどう)は、真理とさかさまな間違った考え方です。ブッダがありのままに見た世界「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」「一切皆苦」の四つの真理、四法印(しほういん)と真逆の考え方で、「四」つが、「顛」さかさまに、「倒」たおれてるので、四顛倒です。

「四顛倒」(してんどう)

ブッダが見た「真理」の三法印(四法印)は、普通の人々にはみえなくて、わからないのです。
だから、普通の人々はまったく逆のことを思って日々過ごして生きている考えが四顛倒(してんどう)です。

「四顛倒」で生きている凡夫(ぼんぷ)の考え方が

常楽我浄(じょうらくがじょう)

人は無常であるのに、「常である」とみて、
苦に満ちあふれているのに、「楽である」とみて、
縁起(えんぎ)と五蘊(ごうん)で成りたつ無我の自分なのに、「自我がある」とみて
不浄(ふじょう)なことを、「清らかである」とみて過ごしています。
これを「常楽我浄」(じょうらくがじょう)と言って、

ブッダが見た「真理」とは、まったくさかさまな四つの見方をして、
苦しみの世界に生きているのがわたくしたち普通の人間が、凡夫(ぼんぷ)なのです。

ブッダはこの間違った見方をする人々に「真理」を生涯伝えた実在した人物なのです。

ブッダ
ブッダ
「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」「一切皆苦」の四法印が、わたしが見た真理の世界ですよ。
ぼーさん
ぼーさん

大乗仏教での「常楽我浄」(じょうらくがじょう)は涅槃の境地を表した意味で用いられることがあります。

涅槃の覚りの徳は絶対の永遠の常であり、
楽しみであり、
能動的な自在者の我であり、
きよらかな浄である、

四つの徳で、四徳(しとく)と呼ばれます。

詳しく知りたい↓
えん坊
えん坊
ブッダが見たありのままの世界の「諸法無我」って「自分の我がないん」だね!
えん坊が見てる今の世界はほんと四顛倒だよ~。
ぼーさん
ぼーさん
「諸行無常」も「諸法無我」も「涅槃寂静」もすべて自分のこころの五蘊(色・受・想・行・識)が関わりあってるんだね!
さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじ

さらに用語を見る方はこちら↓
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認して下さい!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝