原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「マンガ」原始仏典

マンガ 中部経典 第67経 ブッダが新人比丘とサーリプッタに怒る話

マンガ「新人比丘への教説」

中部経典 第六七経「舎利弗摩訶目連遊四衢経」(しゃりふつもくれんゆうしく経)

新人比丘への教説

マンガ中部第67経4-1 マンガ中部第67経4-2 マンガ中部第67経4-3 マンガ中部第67経4-4

このお経は、

サーリプッタとモッガラーナが新人の比丘(びく・男性修行者)500人をブッダにあわせようと引き連れていくお話です

新人比丘たちはブッダに会えるのが嬉しいのか、修行者どうし大はしゃぎしてキャーキャー騒ぎながらブッダのとこに向かいます。

それをみていたブッダは新人比丘たちにこう言います、

ブッダ
ブッダ
騒がしいものは帰れ!わたしの目の前にいたらだめだ!

と新人比丘たちを追い返してしまいます。

新人比丘たちが去っていった後に、ブッダはサーリプッタとモッガラーナに質問します。

「わたしが新人比丘たちを追い返したとき、あなたたちは何を考えていたのですか?」

サーリプッタは答えます。

サーリプッタ
サーリプッタ
「世尊が新人比丘たちを追い返したあとに、世尊が瞑想に入ったので、わたくしも同じように瞑想に入りました。」ニヤリ

するとブッタはサーリプッタにこういいます。

ブッダ
ブッダ
サーリプッタ!そうではない。そんなときに、私と同じようにしたらダメなのだ!

と、サーリープッタはブッダに怒られます。

続いて、モッガラーナは答えます。

目連
目連
「世尊が瞑想に入ったので、わたくしとサーリプッタとで、新人比丘たちを擁護(ようご)しようと考えていました」

その答えを聞いたブッダは

ブッダ
ブッダ
「そのとおりです。よろしい!新人比丘たちはわたしか、サーリプッタとモッガラーナが擁護しなければならないのです」

と回答します。

えん坊
えん坊
ブッダが新人に帰れと怒ったのに、、、。”(-“”-)”

それから、ブッダは新人比丘たちに会い、家をでて出家したばかりの新人比丘たちに、
「色んな厳しいことがあっても、弱い気持ちに負けず、修業を励みなさい」と
「水に入る者の四種類のたとえ話」で教えを説きました。

ご機嫌ななめのブッダの様子がみれる、珍しいお経です。

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック