「マンガ」原始仏典

サマタ瞑想は精神統一、色界の四禅の瞑想、座禅では「止観」の止める瞑想

色界四禅の瞑想画像

サマタ瞑想は「色界の四禅の瞑想」、止観の止(とど)める瞑想

「色界の四禅の瞑想」

サマタ瞑想 マンガ「色界四禅の瞑想」2 マンガ「色界四禅の瞑想」3 マンガ「色界四禅の瞑想」4

「一境性・いっきょうせい」は集中の意味です(笑)

サマタ瞑想は、色界の四禅、座禅止観の「止」

サマタ瞑想は精神統一する瞑想です。そのサマタ瞑想の一種が色界の「四禅」(しぜん)の瞑想です。座禅でいう止観(しかん)の「止める・とどめる」精神統一の瞑想です。

サマタ瞑想の色界の四禅の入る前に、
まず欲界の五蓋(ごがい)の欲や不善を除去する必要があります。

色界の四禅の瞑想前には、五蓋(ごがい)の除去が必要

五蓋(ごがい)とは、覚りの修行の瞑想の邪魔になる五つの障害です。
五蓋も煩悩のことですが、特に瞑想修行に入るときに邪魔になる五つの煩悩で、
こころに覆いかぶさる”フタ”として表現されています。
瞑想に入る前に取り除く必要があります。

①貪欲(とんよく)
むさぼることです。

②瞋恚(しんに)
怒りのことです。

③惛沈(こんじん)・睡眠(すいめん)
こころの落ち込みとねむけのことです。

④掉挙(じょうこ)・悪作(おさ)
こころの浮つきと後悔(こうかい)のことです。

⑤疑惑(ぎわく)
ブッダの教えを疑うこうとです。

さらに詳しく↓

参考:「図解」14.「五蓋」の説明

ブッダ
ブッダ
五蓋が除去できると、
・喜悦(喜び)と
・楽(安楽)が生じて、
・一境性(集中)がある
状態になります。

五蓋が取り除かれると、欲界から、欲望を離れた純粋な物質の世界の色界に移ります。

色界の瞑想、五禅支(ごぜんし)が得られる

五禅支とは、色界の四禅の瞑想を支える、瞑想中の精神作用です。

・「尋・じん」
大まかな考察の意味で、瞑想して考察を始めた初期の状態です。

・「伺・し」
細かな思慮の意味で、瞑想して考察を継続してる状態です。

・「喜悦・きえつ」
瞑想で欲を離れることで得られる「喜び」です。

・「楽・らく」
瞑想で得られる安楽(あんらく)です。

・「一境性・いっきょうせい」
集中する気持ちのことです。

五禅支と五蓋の対応表

五禅支 五蓋(煩悩)
惛沈・睡眠
喜悦 瞋恚
浮つき・後悔
一境性 貪欲
ぼーさん
ぼーさん
五禅支で五蓋の煩悩を消していくと片山一郎先生の本に解説ありました。参考ください。

色界の四禅の四段階

・初禅(しょぜん)「離生喜楽・りしょうきらく」とも呼ばれます。
尋・伺・喜・楽・一境性の五禅支すべてがある状態です。

ブッダ
ブッダ
・大まかな考察(尋)の考察を開始した初期の状態と、
・細かな思慮(伺)の考察を継続しつつある状態で、
・喜悦(喜び)と
・楽(安楽)が生じて、
・一境性(集中)がある
状態です。

・二禅(にぜん)「定生喜楽・じょうしょうきらく」とも呼ばれます。
大まかな考察(尋)と細かな思慮(伺)を離れて、
喜・楽・一境性が残る状態です。

ブッダ
ブッダ
大まかな考察(尋)と細かな思慮(伺)を離れて、
心が一転に集中し分別も思慮もない状態で、
・喜悦(喜び)と
・楽(安楽)が生じていて、
・一境性(集中)がある
状態です。

・三禅(さんぜん)「離喜妙楽・りきみょうらく」とも呼ばれます。
楽・一境性が残る状態です。

ブッダ
ブッダ
喜悦を離脱して、安楽がある状態で、
・楽(安楽)が生じていて、
・一境性(集中)がある
状態です。

・四禅(しぜん)「非苦非楽・ひくひらく」とも呼ばれます。
一境性のみで「捨・しゃ」の中庸(ちゅうよう)で偏(かたよ)らない心が生まれます。

ブッダ
ブッダ
案楽も苦も断じ、心の平静と正念を完全に浄化した状態です。
中庸(ちゅうよう)より生じた注意力がもっとも清浄になっています。
・一境性(集中)がある
状態です。
えん坊
えん坊
上手に瞑想できました~!(笑)
ぼーさん
ぼーさん
上手すぎだね!えん坊(笑)
「図解」で詳しい四禅(しぜん)の瞑想はこちら↓
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝