原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「図解」ブッダの教え

「図解」22.「五上分結」「五下分結」「三結」三界に人を結びつける束縛

「図解」輪廻の束縛

 

えん坊
えん坊
ねぇ、ぼーさん!前に「ちえの解脱」と「こころの解脱」の話は聞いたけど、輪廻(りんね)する原因ってなんなの?
ぼーさん
ぼーさん
えん坊すごいね!「ちえの解脱」と「こころの解脱」で「倶分解脱・ぐぶんげだつ」よく覚えていたね!輪廻する原因は、煩悩の束縛なんだって!見てみよう!
「図解」五上分結、五下分結、三結

三界に人を結びつける束縛

「欲界・色界・無色界」の三界の世界を輪廻してしまう原因となる煩悩が分類されています。

 

「五上分結」(ごじょうぶんけつ)

色界と無色界に人を結びつけて解脱させない上位の束縛の煩悩のことです。

1、色貪(しきとん)は色界の禅定の心地よさに対する執着です。

2、無色貪(むしきとん)は無色界の禅定の心地よさに対する執着です。

3、掉挙(じょうこ)は色界・無色界における心の浮動(達成感のような高ぶり)の煩悩です。

4、慢(まん)は慢心(まんしん)の煩悩です。

5、無明(むみょう)は無意識の領域の「苦の根源」ですのことです。

 

「五下分結」 (ごげぶんけつ)

三界の欲界に人を結びつける束縛のことです。

1、有身見(うしんけん)は自己(我)があると思う。誤った見解で、五蘊を知らない無知のことです。

五蘊(ごうん)とは、
・色(シキ・からだの肉体)
・受(ジュ・感受するこころの作用)「感じるこころ」
・想(ソウ・思い浮かべる心理作用)「想うこころ」
・行(ギョウ・形成しようとする意識)「行うこころ」
・識(シキ・判断する識別する心理作用)「判断するこころ」

2、疑(ぎ)は仏法僧(ぶっぽうそう)・ブッダの教えを疑うこうとです。

3、戒禁取(かいごんしゅ)は誤った戒律や苦行、こだわり、しきたりへの執着です。

4、貪欲(とんよく)は貪る(むさぼる)欲望です。

5、瞋恚(しんに)は怒り(いかり)の欲望です。

「三結」(さんけつ)

上記、五下分結の

1、有身見
2、疑惑
3、戒禁取の3つです。

修行で最初に滅せれる束縛です。

 

えん坊
えん坊
修行の瞑想しても束縛が発生するんだね、、、。

 

ぼーさん
ぼーさん
そうみたいなんだよ!修行者にもさとりの段階があるんだよ!ほんと修行している人やお坊様はすごいよね!五下分結と関連付けされている修行者の四段階「四向四果」は次の図解で説明しますね。

 

さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじはこちら

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝