原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「原始仏典」 ほぐし読み

原始仏典とは?いつ、どうして出来たの?

えん坊
えん坊
ねぇ~ねぇ、ぼーさん!原始仏典ってな~に?
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、どーしたの急に?仏教に興味もったの?

原始仏典は簡単に言うと、とても古い初期の仏教のお経だよ!
どくれらい古いお経なのか、ぼーさんと一緒に見てみようか!

 

原始仏典とは

今から2000年以上前の話で、ブッダが亡くなった時の話です。

ブッダの弟子の修行僧みんな誰もが、無常のこの世の中の、とても受け入れがたい悲しみを乗り越えようと、精一杯、心を制御して過ごしていました。

そんな中、年老いて出家したスバッダという修行僧が、

スバッダ
スバッダ
「おいおい!みんな落ち込むな、それよりむしろよかったではないか!
これで偉大なブッダから解放されたんじゃ!
もうあれをしろ、これはするなと口うるさく言われないですむではないか!」

 

と無神経な暴言を吐きました。

そしたら、

それを聞いていた長老のマハーカッサパは、

「皆の者~!結集じゃ~!!!」
「8時じゃないけど、全員集合!」


このままではいけない!絶対にいけない!と、
今後の仏教僧団の行方に不安を感じて、

すぐさま500名のブッダの選りすぐりの阿羅漢(悟りの境地を体現した修行完成者)の弟子を集めて、みんなで声を出し合う、合誦(ごうじゅ)で、教えの内容を徹底的にすり合わせをしました。

阿羅漢みんなで確認してまとめた、この「ブッダの教え」を基盤として、
今後の仏教僧団を一つにまとめていくことになります!

その初期の頃の教えを編成してまとめてパーリ語で聖典にしたのが、
原始仏典なんです。

パーリ語で聖典にしてできた「原始仏典」


ぼーさん
ぼーさん
えん坊、これが原始仏典ができるきっかけの出来事だよ!イメージできた? 


えん坊
えん坊
へ~!ブッダが亡くなった時の話なんだね!
カッサパ長老カッコイイ~!

ところで、ぼーさんパーリ語ってどんな言葉なの?

ぼーさん
ぼーさん
さすが、えん坊、いい質問だね!
パーリ語は古代インド語でブッダも話していたと言われている言葉だよ。

きちんとした公用語のサンスクリット語じゃなくて、
日常で使う親しみやすい俗語の言葉なんだって!
マガダ語とも呼ばれているみたいだよ。

さらに、ここからが驚きだよ、えん坊!

なんと、この2000年以上前に編成してパーリ語で作られた経典が、
現代の日本語でも読めるんだ!

 

現代語で翻訳されている主な「原始仏教・パーリ仏典」

①春秋社「原始仏典」

この春秋社の「原始仏典」は、イギリスのパーリ聖典協会のPTS版(パーリ・テキスト・ソサエティ)を底本(翻訳のもとにした本)にして、中村元先生はじめ森祖道先生、前田専学先生、浪花宣明先生、その他たくさんの仏教専門のエキスパートの先生方が翻訳に携われています。

  春秋社の「原始仏典」の中村元先生の序文の解説では、
ブッダ自身の布教していた時代とそれに続くお弟子さんたちの時代、およそ紀元前3世紀ころまでを「原始仏教」時代といいます。一つの仏教教団が上座部と大衆部に分裂して、さらに細かく分裂して部派仏教が発生しました。部派仏教のひとつ上座部の部派がインドよりスリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナムと南伝仏教が伝えていき、現在この上座仏教の伝えるパーリー語の原典が、現存する者の中で内容が一番完備している。と説明されてます。

春秋社「原始仏典」序文の解説より

ぼーさん
ぼーさん
当時の仏教僧団の営みやブッダとお弟子さんたちのやりとりも経典にでてくるよ!ブッダに不満を言うお弟子さんや六師外道(ろくしげどう)という、他の宗派の開祖の意外なエピソードも出てくるので、堅苦しいお経だけではなく、実在したブッダの生活感にも触れることができて楽しいよ!

 

②大蔵出版「パーリ仏典」片山一良先生著

 

片山先生は、大蔵出版からビルマ第6結集(1954年)の教典を底本にした「パーリ仏典」長部全6巻・中部全6巻・相応部全10巻を翻訳して出版されています。

 

③大宝輪閣「パーリ仏典入門」片山一良先生著

また、大宝輪閣から「パーリ仏典入門」を出版されています。入門と題されていますが、
パーリ仏典「三蔵」の全体を解説されています。膨大な経典数の把握がとても理解しやすいので大変便利です。

 大法輪閣の「パーリ仏典入門」の片山一良先生のパーリ仏典の解説では、
「上座部仏教」(テーラワーダー)の聖典で、長老(テーラ)たちによって実践され、説かれ、伝持された仏教、「伝統の仏教」と説明されています。

大法輪閣「パーリ仏典入門」著者:片山一良より

 

 

④Kindle版 「小部経典・ブッダの福音」 全10巻 正田大観先生 翻訳

正田大観先生はビルマ第六結集の経典を改訂した『国際版パーリ三蔵』を底本として「小部経典」を翻訳されてamazonにて出版されています。


画像はamazonより参照

えん坊
えん坊
原始仏典って、ブッダの初期の教えが書かれているんだね!
6人の外道とか変わり者のユニークなエピソードもでてきて楽しいね~!
ぼーさん
ぼーさん
上座部仏教で伝承されたパーリ仏典が「原始仏典」だね!

ほんと色んな神様や悪魔とかもでてきて楽しいね!
現代の日本語で読めるのが本当にありがたいよね!

次はどんなことが書かれているか中身を見てみようか!

  • 春秋社「原始仏典」
  • 大法輪閣「パーリ仏典入門」
  • Kindle版 「小部経典・ブッダの福音」
シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝