「原始仏典」 ほぐし読み

声字実相(しょうじじっそう)「阿・ア字」を本尊とする 百字真言法第二十三「大日経」(ひゃくじしんごんほう)ほぐし読み㉔

声字実相「大日経」




この「大日経」(だいにちきょう)百字真言法第二十三(ひゃくじしんごんほう)は、角川文庫「全品現代語訳 大日経」著者:大角修先生の本を主に参考にして、ほぐし読みにしました。

アーナンダー

前回、大日如来は、「阿・ア字」を増長させる。を説かれました!

想の行で阿・アを増長させる「大日経」
想の行で「阿・ア」字から増長させる 百字成就持誦品第二十二「大日経」(ひゃくじじょうじゅじじゅぼん) ほぐし読み㉓ この「大日経」(だいにちきょう)百字成就持誦品第二十二(ひゃくじじょうじゅじじゅぼん)は、角川文庫「全品現代語訳 大日経」著者:大角修...


声字実相(しょうじじっそう)「阿・ア字」を本尊とする 百字真言法第二十三「大日経」

百字真言法第二十三(ひゃくじしんごんほう)

大日如来は金剛薩埵に伝えます。

大日如来

瞑想行で、空をもって加持すれば全てに自在を得て、
最正覚を成就するのです。

それゆえ、

大日如来

「阿・ア字」を本尊とするのです。

そして、

声の「ア」は字よりでて、

字は真言を生じ、

真言はよい果を成立させることは、

諸々の如来が説かれていることなのです。

まさに知るべきなのです。

声の性は空で、

空を造作することなのです。

一切衆生は言葉にみだりに妄執するので、

空にあらずなのです。

修行者の為に説きます。

大日如来

声の解脱に入り、三摩地(さんまじ・サマーディ=三昧)を証すのです。

大日如来

「阿・ア字」の無量の真言の想をなすのです。

《百字真言法第二十三 おわり》つづく

声字実相(しょうじじっそう)

「声の解脱に入り」とは、声字実相(しょうじじっそう)のことで、

万物に響きがあり文字になる。そこに如来の真実身があること。

プーニャ&えん坊

ぼーさん。また「ア」の話だね。

ぼーさん

えん坊、ほんとだね!
だけど、
声に妄執しちゃだめだからね!(笑)
つづきも見てみよう!

参考文献↓

続きはこちら↓

阿・ア字は虚空「大日経」
「阿・ア字」は虚空のようなもの 説菩提性品第二十四(せつぼだいしょうぼん)「大日経」ほぐし読み㉕ この「大日経」(だいにちきょう)説菩提性品第二十四(せつぼだいしょうぼん)は、角川文庫「全品現代語訳 大日経」著者:大角修先生の本を主...




☆電話占い【ココナラ】 業界最安値に挑戦・1分100円から☆
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

プラス、大乗仏教の

があります。クリックで確認して下さい!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック