「図解」ブッダの教え

「五蘊」(ごうん)とはわかりやすく「色受想行識」自己を形成する五つの要素

五蘊(ごうん)色受想行識「図解」

ブッダが見た自我の「五蘊」(ごうん)をわかりやすく「図解」で説明します。他の沙門が説く自我である「我・が・アートマン」を否定して、自分の存在は五つの要素「色受想行識」(しきじゅぎそうぎょうしき)の五蘊(ごうん)から成り立っている真理を見ました。

えん坊
えん坊
ねぇねぇ、ぼーさん!ブッダの三法印で諸法無我(しょほうむが)、自分の我(が)が無いのが真理っていってるけど、どういうこと?
ぼーさん
ぼーさん
ブッダは他の沙門達が説く自我の「我・が・アートマン」の存在を否定したんだよ!じゃぁ一体「我・が」の自分ってどんなんだろうね?みてみよう!
五蘊(ごうん)「色受想行識」(しきじゅそうぎょうしき)「図解」

「五蘊」(ごうん)で自我を見たのが、ブッダの真理

ブッダは自分自身をありのままに見て、他の沙門が説く自我である「我・が・アートマン」を否定して、自分の存在は五つの要素の五蘊(ごうん)から成り立っていることを見ました。

五蘊(ごうん)とは、
・色(シキ・からだの肉体)
・受(ジュ・感受するこころの作用)「感じるこころ」
・想(ソウ・思い浮かべる心理作用)「想うこころ」
(ギョウ・形成しようとする意識)「行うこころ」
・識(シキ・判断する識別する心理作用)「判断するこころ」

「五蘊」(ごうん)を詳しく解説

《五蘊を詳しく解説》

・色(シキ・からだの肉体)

色蘊(しきうん)ともいわれます。
色、形あるもの。認識の対象となる物質的存在の総称

身体の肉体と

眼、耳、鼻、舌、身の5つの感官能力「五根・ごこん」 (意を含めて六根・ろっこん)の、

眼識・耳識、鼻識、舌識、身識の5つの知覚および認識「五識 ・ごしき」(意識を含めて六識・ろくしき)で、

色、声、香、味、触の5つの認識した対象物が「五境・ごきょう」(法を含めて六境・ろくきょう)です。

その感知する五根(六根)・五識(六識)、感知された五境(六境)の総称が「色蘊」となります。

・受(ジュ・感受するこころの作用)

受蘊(じゅうん)ともいわれます。
感受作用。

上記の色の肉体的、生理的な感覚の
根(六根)と境(六境)と識(六識)の接触から生じて、
自分の内に「苦・楽・不苦不楽」のいづれかで感受します。

・想(ソウ・思い浮かべる心理作用)

想蘊(そううん)ともよばれ
表象作用。概念的な事柄の認識。事物の形象を心の中に思い浮かべること。

・行(ギョウ・形成しようとする意識)

行蘊(ぎょううん)ともよばれ
意識を生じる意志作用。意志形成力。心がある方向に働くこと。

身体で感受して、心で想ったことを、無意識で、「なにか形成しよう、作り出そうとする」働きです。

・識(シキ・判断する識別する心理作用)

識蘊(しきうん)ともよばれ
認識作用。対象を識別、区別して知ること。判断するこころ。

五蘊の対象に執着することを、「五取蘊」(ごしゅうん)といいます。

ぼーさん
ぼーさん
諸法無我の真理を知見していくのがブッダの教えなので、この五蘊(ごうん)はとても重要になります。まずは、身体と四つの心の作用の五つで、自分が形成されていると思ってみてください。

「五蘊」(ごうん)は、「三法印」の理解にとても重要

ブッダは「諸法無我」(しょほうむが)の自我がない、五蘊(ごうん)の五つの要素で成り立つことを証明しました。当時ブッダ以外の沙門があみだした「ウパニシャッド」(奥義書)では自我は、名色(みょうしき・マーナ・ルーパ)として、すべてを形成していると考えられていました。

名色(名前・形あるのも)
・名前(標識)・・・感受、概念化(想)、思念、接触、意を注ぐこと、
・色形・・・四大要素(地水火風)によって色形あるもの

そしてこの五蘊(ごうん)の「行」は、「諸行無常」(しょぎょうむじょう)の「行」でもあります。

えん坊
えん坊
ぼーさん!五蘊(ごうん)の形成する意識の「行」って、諸行無常の「行」と同じじゃない!?
ぼーさん
ぼーさん
えん坊!めちゃすごい!その通りだよ!
「諸行無常」は、周りが変化する意味合いが強いけど!ほんらいは自分の感受して形成・作ろうとする「行」が変わっていることだよ!

どちらにせよすべて変化するのが常が無い、無常の「真理」だね!

十二支縁起(じゅうにしえんぎ)

さらにブッダは自分を内観して、12の心理作用の名前とはたらきで説明してくれています。その12の心理作用の働きで煩悩の発生メカニズムである「縁起」を解説してくれています。

《まずは、表面上の意識で発生する感覚です》

・六処(ろくしょ)
(五蘊の「色」にも意味合いがふくまれます。)

6つの感覚器官です。「体(触感)・目・耳・鼻・舌・意(思考・記憶)」の6つです。

・触(しょく)

「六処」が情報(外部要因)に触れて認識が生まれます。

・受(じゅ)

感受(かんじゅ)して「快(ここちよい)・不快(ふかい)・どちらでもない」
いづれかの3パターンが生まれます。「苦・楽・普通」の3パターンでも表現されます。

■愛(あい)

感受から煩悩(ぼんのう)の三毒(さんどく)の
・貪欲(とんよく・むさぼり)
・瞋恚(しんに・いかり)
・愚痴(ぐち)が生まれます。

・取(しゅ)

「愛」が繰り返し起こり、何度も思い出して、
「執着(しゅうちゃく)」が生まれます。

ぼーさん
ぼーさん
のどの渇きのたとえでよく使われる言葉の「渇愛(かつあい)」が、生まれてくるのもよくわかりますね!
・有(ゆう)

「取」が強くなると、身口意(しんくい)「からだ・ことば・こころ」で現れてきます。
その現れた行いが「業」(ごう・カルマ)です。身口意の行いが三業(さんごう)です。

・生(しょう)

「有」で現れた行いが、他の身口意の三業を生み出します。

・老死(ろうし)

この縁起の一連で現れて強くなった煩悩が、弱まり分解されて、無意識の無明に行きます。
生命が尽きて死んでしまう意味も含まれます。

《ここから無意識の領域で発生する感覚です。》

・無明(むみょう)

無意識の領域の「苦の根源」です。

ぼーさん
ぼーさん
色んな行いすべての「雑念・妄想」が無意識で、管理されていない状態でうごめいているとも言われていますが、真理に暗い、「四諦」(したい)の理解がないことです。
・行(ぎょう)

形成(けいせい)しようとする意識です。
三法印(しょうほうむが)の五蘊(ごうん)の「行」(ぎょう)と同じです。

・識(しき)

「行」の欲求から判断して識別するこころが無意識で生まれます。
上記の、三法印(しょうほうむが)の五蘊(ごうん)の「識」(しき)と同じです。

・名色(みょうしき)

「無意識」での心と身体です。
(五蘊の「色」にも意味合いがふくまれます。)

ブッダの教え「用語集」はこちら

図解が断然解りやすい!↓
えん坊
えん坊
ぼーさん、いろんな教えがでてくるけど、すべて「真理」に繋がっていくんだね!
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、ほんとだね!ブッダの教えはいつの時代も、どこの場所でも変わることがない「真理」の意味が、だんだんわかってくるね!
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認して下さい!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝