「図解」ブッダの教え

四念処(しねんじょ)・四念住(しねんじゅう)気づきの瞑想「身受心法」

四念処(しねんじょ)身受心法(しんじゅしんほう)「図解」

「四念処」(しねんじょ)・「四念住」(しねんじゅう)を「図解」で説明します。「四念処・四念住」は気づきの瞑想、「ヴィパッサナー瞑想」と言われます。ブッダの覚った真理とまったく逆の考え方、四顛倒(してんどう)の「常楽我浄」(じょうらくがじょう)を打破する「身受心法」の瞑想です。

えん坊
えん坊
ねぇ、ぼーさん!修行の瞑想をしようと思ったら、たくさんの種類があったけど、どれからすればいいの?
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、瞑想するってすごいね!原始仏典には観察する瞑想から教えられているのが多いよ!よくでてくるのが「四念処・しねんじょ」の観察して気づく瞑想だよ!
四念処(しねんじょ)「図解」

四念処(しねんじょ)・四念住(しねんじゅう)

「四念処・しねんじょ」は(四念住・しねんじゅう)とも呼ばれ、真理とは真逆の間違った考え方の「常楽我浄」(じょうらくがじょう)を打破する瞑想です。

ありのままに自分を観察する「身受心法」(しんじゅしんほう)とも呼ばれ、気づきの瞑想で、観察する瞑想です。

身受心法(しんじゅしんほう)

・身念処(しんねんじょ)・身念住(しんねんじゅう)

「身体について(身体は不浄)」をみる(気づく)瞑想です。

「不浄観」(ふじょうかん)、人間は五蘊(ごうん)から成り立つ存在で、接触して感受するものすべて、はかない「一切皆苦」(いっさいかいく)の煩悩になります。

その自分の接触する身体「五識(ごしき)・目、耳、鼻、舌、身体」を如実に観察します。

五蘊(ごうん)

・受念処 (じゅねんじょ)・受念住(じゅねんじゅう)

「感覚について(感受は苦)」をみる(気づく)瞑想です。

五蘊で成り立つ自分の感受する「受」(じゅ)を如実に観察していきます。「目で見るもの、耳で聞くもの、鼻で嗅ぐもの、舌で味わうもの、身体で触れるもの、こころで感じること」すべてはかない「苦」になることを観察します。

・心念処 (しんねんじょ)・心念住(しんねんじゅう)

「心について(心は無常)」をみる(気づく)瞑想です。

五蘊で成り立つ自分の考え方を形成していく「行」(ぎょう)常に変化するものである「諸行無常」(しょぎょうむじょう)と如実に観察します。

・法念処 (ほうねんじょ)・法念住(ほうねんじゅう)

「もろもろの存在(事象・法)について(あらゆる物質は無我)」をみる(気づく)瞑想です。

三法印(さんぼういん)「諸法無我」(しょほうむが)を如実に観察することです。

三法印・四法印 「図解」

◇四念住・四念処【身受心法】は原始仏典には「よく気を付け、熱心に正しく自覚し、落ち着いて過ごし、世間の貪り憂いを克服すべき」とでてきます。

「念」(ねん)はパーリ語でサティ(sati)で
①記憶(教えを)する。
②心が散漫になったりしないように注意力を促す。
③四念処(サティパッタ-ナ)の常に無常・苦・無我を念頭に置く
の意味があります。

ぼーさん
ぼーさん
この「身受心法」の瞑想では、まだ「受」も、想う気持ちの「想」も 存在している色界の瞑想です。受も想もない境地が「想受滅」でさらにもっと上の瞑想の境地です。

ちなみに、「身」のからだは欲望を支配する欲界の世界で、
身体の欲望をなくした純粋な物質の色界の世界で「受」を観察していく瞑想です。
(参考):「三界」(さんがい)輪廻する世界

四顛倒(してんどう)

ブッダが見た「真理」の三法印は、普通の人々にはみえなくて、わからないのです。
だから、普通の人々はまったく逆のことを思って日々過ごして生きている考えが四顛倒(してんどう)です。

常楽我浄(じょうらくがじょう)

人は無常であるのに、「常である」とみて、
苦に満ちあふれているのに、「楽である」とみて、
縁起(えんぎ)と五蘊(ごうん)で成りたつ無我の自分なのに、「自我がある」とみて
不浄(ふじょう)なことを、「清らかである」とみて過ごしています。
これを「常楽我浄」(じょうらくがじょう)と言って、

ブッダが見た「真理」とは、まったくさかさまな四つの見方をして、
苦しみの世界に生きているのがわたくしたち普通の人間なのです。

ぼーさん
ぼーさん

大乗仏教での「常楽我浄」(じょうらくがじょう)は涅槃の境地を表した意味で用いられることがあります。

涅槃の覚りの徳は絶対の永遠の常であり、
楽しみであり、
能動的な自在者の我であり、
きよらかな浄である、

四つの徳で、四徳(しとく)と呼ばれます。

原始仏典にでてくる「四念処・しねんじょ」

長部経典 第2経「沙門果経」(しゃもんかきょう)では

「小・中・大の戒律の教え」→「感覚器官の防護」→「四念処」の教えがでてきます。そして、→「満足」→「五蓋の除去」→「色界の四禅」→「無我の洞察」→「神通力を得て」→「漏尽智」の煩悩が消滅して『四諦』を理解するとでてきます。

長部経典 第22経「大念処経」(だいねんじゅきょう)では

「身体について(身体は不浄)」
・髪・毛・血・歯・皮・肉・筋・骨・骨髄・腎臓・心臓・血液・小便、等々自分の細部までを観察する
・地水火風の要素を観察する
・死体の瞑想、墓場に捨てられた死体がカラスや犬に食べられ腐っていくのを観察する

「感覚について(感受は苦)」
・楽しみ、苦しみ、非肉体的の感受が生起し消滅するのを観察する

「心について(心は無常)」
・貪り、怒り、迷妄、心の統一、広大な心が生起し消滅するのを観察する

「もろもろの存在(事象・法)について(あらゆる物質は無我)」
・五蓋について、生起と消滅を観察する
・六識の束縛の生起と消滅を観察する

「呼吸の仕方」は
◇念ずることを目の前に据えて坐る、気を付けながら息を吸い、息を吐く、
◇身体の活動を静めて、私は息を吐こうと思い実修する。
◇自分の内に、他人の外の身体について観察、身体の中で生起してくるもの、
消滅する現象を観察する。
◇ただ「身体のみが存在する」と思い、依存がなく、執着がなくなる。

と表現されてでてきます。

えん坊
えん坊
ねぇ、ぼーさん!最初の瞑想がこんなに難しいの、、、。
ぼーさん
ぼーさん
えん坊は、ご飯食べ終わった後も、米つぶが顔についてるのも気づかないからね、、、。瞑想の実践はきちんと修行をしている人に教わらないとダメだね、、、。
さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじはこちら

えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認して下さい!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝