原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「マンガ」原始仏典

マンガ「六師外道」プーラナ・カッサバ、「道徳否定論」

プーラナ・カッサバ

六師外道「プーラナ・カッサバ」

「道徳否定論者」

「マンガ」プーラナ・カッサバ4-1「マンガ」プーラナ・カッサバ4-2 「マンガ」プーラナ・カッサバ4-3 「マンガ」プーラナ・カッサバ4-4

 

六師外道(ろくしげどう)

六師外道(ろくしげどう)とはブッダ当時活躍していた沙門の修行僧たちで、仏教(ブッダの教え)と違う考えの見解なので、仏教の外の道(外道)と呼ばれています。

 

プーラナ・カッサバ

「道徳否定論者」で、いかなる悪を行っても罪はないし、どんなに良い行いの布施をしても、どんなに先祖を供養をしてもなんの功徳もないと説いた人物です。

 

原始仏典にでてくるプーラナ・カッサパ

 

長部経典 第二経「沙門果経」

アジャータサットゥ王子が、「目に見える形の修行の成果」の質問をして、プーラナ・カッサパが回答したのが、

「自分を傷つける者、他人を傷つける者、生き物を殺す者、他人の物を盗む者、こういう者の行為は罪悪となりません。また布施をしてもしなくても、供養してもしなくても功徳などありません。」と行為はなんの結果ももたらさないと非作用の回答をしました。

と「道徳否定論」を説いているエピソードがでてきます。

 

中部教典 第七六経「サンダカ経」

第二の清らかならざる行い
「行なう者、行わせる者、切る者、切らせる者、生きものを殺させる者、与えられていない物を取る者、家に侵入する者、略奪する者、嘘を語る者、それを原因とする悪はない。悪の報いはない。」と間違った見識をする者としてプーラナ・カッサパの「道徳否定論」が取り上げられでてきます。

 

えん坊
えん坊
しかし、他人のものを勝手に盗んでたべて怒られるのは、「論」する以前に、当たり前の考え方だよね、、、。
ぼーさん
ぼーさん
この「道徳否定論」が支持されたら、なんでもありのひどい世の中になっちゃうよね、、、。 

 

 

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック