マンガ「説話集」

モッガラーナの前世は悪魔ドゥーシン① 全2話 マンガ仏教「説話七話」

モッガラーナの前世

「モッガラーナの前世①」

このモッガラーナの前世のお話は、

すずき出版「仏教説話大系」1982年出版
著者:山田巌雄代表 仏教説話体系編集委員会
監修:中村元先生・増谷文雄先生

パーリ仏典、漢訳経典、大正大蔵経などたくさんある経典から、
選りすぐられた仏教に関する説話の内容を参考にして、
マンガとほぐし読みにしています。

モッガラーナの前世
モッガラーナの前世②
モッガラーナの前世③
モッガラーナの前世④

マンガ仏教「説話」
「モッガラーナの前世①」

今回の説話は、モッガラーナの前世のお話です。

《モッガラーナの幼少期》はこちらです↓

マンガ説話「サーリプッタとモッガラーナ」
サーリプッタとモッガラーナ① 幼なじみの幼少期 マンガ仏教説話大系第1話「幼なじみのサーリプッタとモッガラーナ」 このサーリプッタとモッガラーナの幼少期のお話は、 すずき出版「仏教説話大系」1982年出版著...
《モッガラーナは神通第一のブッダの弟子》

ブッダのもとに出家したコーリタ(幼少期のモッガラーナの名前)は、
ブッダや仲間たちから、モッガラーナと呼ばれるようになります。

モッガラーナは、神通力が誰よりもすぐれていたので、仏教僧団では神通第一(じんつうだいいち)の称号でも呼ばれています。

原始仏典には、モッガラーナの神通力にまつわる面白い経典がいくつか紹介されています。

今回紹介するお話も、

思わず、この内容が経典なの?と思ってしまうような、

不思議で楽しいエピソードです。

このお話も、

パーリ仏典の中部経典 第50経「降魔経」(こうまきょう)

できちんと仏典で継承されている内容です。

また、モッガラーナは前生の因縁で、

悟りをえて阿羅漢になったあとも、

いろんな困難にも遭遇しているのが興味深いので、

別の機会で紹介したいと思います。

では、今回は悪魔がお腹に入り込むこちらの経典を紹介します。

《モッガラーナのお腹のなかに入った悪魔パーピマン》

あるとき、モッガラーナはひとり鹿野園で、

精神を集中して瞑想にふけっていました。

ちょうどそれを見ていた悪魔パーピマンが、

モッガラーナにばれないように、

モッガラーナの腹の中に入りこみます。

モッガラーナは

モッガラーナ
モッガラーナ
うっ、わたしの腹は臨月(りんげつ)のように重苦しいが、なぜだろう・・・。

と思い、

瞑想をやめて部屋にはいり、席に座り、注意深くひとりで思いを凝らしました。

するとお腹の重苦しい原因が、

悪魔パーピマンがお腹に入っていることだとわかりました。

モッガラーナはお腹にいる悪魔パーピマンに話しかけます。

モッガラーナ
モッガラーナ
悪魔パーピマンよ、でてきなさい。仏や仏の弟子を困らせてはいけません。

その行為はあなたに永い間、不利益と苦しみをもたらすことになりますよ。

そんなことをしてはいけません。

パーピマンはおもいました。
(わたしが腹の中にいることをこの僧にわかるはずがない、どうしてこの僧がわたしを知ることができるだろう)

モッガラーナ
モッガラーナ
悪魔パーピマンよ、わたしはちゃんとわかっているのですよ。悪魔パーピマンよ、はやく私の腹からでてきなさい。

こういわれて、

悪魔パーピマンは驚いて、モッガラーナの口からでて部屋の戸口にたちました。

そして、

モッガラーナは悪魔パーピマンにこう言います。

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
わたしの前世は悪魔ドゥーシンという名の悪魔であって、

カーリーという妹がいたのだ。

そして、

その妹の息子が、

君、悪魔パーピマンなのだよ。

そして、悪魔ドゥーシンのモッガラーナは、

悪魔パーピマンに

前世の話をするのです。

***「モッガラーナの前世 悪魔ドゥーシン①終わり」 2話につづく***

登場人物おさらい

《悪魔パーピマン》

中部経典 第49経「梵天招待経」にも出てきます。

このお経では、悪魔パーピマンは梵天バカに憑りつき、

ブッダと真理のやり取りをしていきます。

パーピマンの意味は「悪しきことを行う者」漢訳では「波旬」

ブッダや弟子たち修行僧の修行を妨げようとする悪魔

《悪魔ドゥーシン》

モッガラーナの前世での悪魔です。ドーシンとも書かれていたりしています。

中部経典 50経以外では見つけることができませんでした。

この二つのお経は、中部経典 小一対の章の中に分類されていますが、その中でも分類されにくい内容の経典なので、最後につけられている印象があります。

《モッガラーナの神通力がでてくるお経》

・中部経典 第37経 「愛尽経」(あいじんきょう)

このお経では、モッガラーナが帝釈天がいる天の宮殿に神通力で行き、帝釈天が怠惰だったのを見て感じたので、足の親指で帝釈天自慢のヴェージャヤンタ宮殿をゆさぶり激動させるエピソードがでてきます。

ブッダの教えでの神通力は図解で確認ください。

神通力について

神通力(じんつうりき)六神通(ろくじんつう)「図解」
神通力(じんつうりき)とは?わかりやすく 瞑想で得る能力 六神通(ろくじんつう) 本来の神通力 ブッダの教え・仏教・図解 原始仏典にでてくる神通力(じんつうりき)を図解でわかりやすく説明して経典も紹介します。神通力は瞑想を修習することによって得られる、六...

えん坊
えん坊
ぼーさん!モッガラーナさんって、前世は悪魔だったんだね、、、。驚きだよね、、、。
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、ほんとうだね!後半どうなるんだろうね!!!

続きはこちら↓

カクサンダ仏出現
モッガラーナの前世は悪魔ドゥーシン② 全2話 カクサンダ仏出現 マンガ仏教「説話八話」「モッガラーナの前世②カクサンダ仏出現」 このモッガラーナの前世のお話は、 すずき出版「仏教説話大系」1982年出版著者:山田巌雄代表...
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝