原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
ブッダの教え「用語集」

「梵天」(ぼんてん)とは ブッダの教え・仏教・用語 

ブッダの教え「用語集」
プーニャ&えん坊
プーニャ&えん坊
原始仏典にでてくる、ブッダの教えの「用語」を簡潔に解説します。「図解」ブッダの教えのもくじにも行けますよ!

梵天(ぼんてん)とは

バラモン教の最高神で、ブラフマンのことです。
インド思想で万物の根源ブラフマンを神格化したものです。

その神様が仏教に取り入れられて、三界の色界に住んでいます。

三界(さんがい)は、

・欲界(欲の支配する世界・日常をすごしている時の心の世界)
・色界(身体が純粋な物質としてのこる心の世界)
・無色界(身体の物質の感覚がない純粋な精神の世界)です。

 

色界は

欲望を離れた純粋な物質の世界です。
瞑想の修行、四禅(しぜん)で得られる最初の心の境地の初禅に梵天が住んでいます

初禅天(梵身天=ブラフマン)

さらに細かく分類されて、

1.梵衆天(ぼんしゅてん)「ブラフマ・カーイカ」
2.梵輔天(ぼんほてん)「ブラフマ・プローヒタ」
3.大梵天(だいぼんてん)「マハー・ブラフマー」
長部第11経「堅固経」にマハーブラフマーが出てきます。

とも呼ばれます。

 

原始仏典には色んな梵天が登場します。

梵天サナンクマーラ
梵天の一人の息子とされる
長部第3経「阿摩書経」、第18経「闍尼沙経」、第19経「典尊経」、第27「起源経」
にでてきます。

梵天バカ
中部第49経「梵天招待経」
梵天のひとり、人間の時はケーサヴァという名前で呼ばれていた。

梵天サハンパティ
中部第67経「舎利弗摩訶目連遊四衢経」
怒っているブッダをなだめる梵天

サーリプッタ
サーリプッタ
わしが世尊に怒られたときじゃ!覚えておるかな?知らない人はこっちじゃ「第67経 ブッダが新人比丘とサーリプッタに怒る話」!ニヤリ!

 

梵天から生まれる種族

梵天のからうまれる者はバラモン
梵天のからうまれる者は王族
梵天のへそから生まれる者は庶民
梵天のひざから生まれるのは隷民
梵天のから生まれる者は道の人

長部 第3経「阿摩書経」でアンバッタ青年がブッダを侮辱したたとえで使っている。

梵天・ブラフマン

 

 

「梵天」関する「図解」は↓

「図解」6.瞑想の世界の三界に対応した天の神々

 

さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじ

 

さらに用語を見る方はこちら↓

(参考:「用語集」もくじはこちら

えん坊
えん坊
梵天さんって万物の根源なのに、たくさんいてるんだね!

 

ぼーさん
ぼーさん
ブッダの教えの言葉のひとつの文字にも色んな意味があったりしますので、教えがさらに深まるように、ひとつの言葉の意味を簡潔にまとめていきます!
シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック