原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
ブッダの教え「用語集」

「四門出遊」(しもんしゅつゆう)とは ブッダの教え・仏教・用語 

ブッダの教え「用語集」
プーニャ&えん坊
プーニャ&えん坊
原始仏典にでてくる、ブッダの教えの「用語」を簡潔に解説します。「図解」ブッダの教えのもくじにも行けますよ!

四門出遊(しもんしゅつゆう)とは

ブッダの出家するエピソードです。
四門遊観(しもんゆうかん)とも言われます。

ブッダが出家を決意するエピソード

ブッダは生きることに対して思い煩う性格だった幼少期でしたが、
その思いは青年になっても変わることがありませんでした。

ある時、自分の国の城の外の世界を見に行こうと、

東の門にいき、そこで「老人」をみて、
南の門にいき、そこで「病人」をみて、
西の門にいき、そこで「死人」をみて、
生きることに対しての思い患いはさらに深まるなかで、

北の門にいき、そこで静謐(せいひつ)な所作の「出家者」をみました。

長部経典 第14経 大本経(大アパナーダ)

ブッダが過去世のヴィパッシンの時代に、出家者(道をすすむ者)をみて、話しかけ「すばらしいと出家する」法に通った所作、静謐(せいひつ)な所作、道徳的な所作、福徳ある行い、何物も害さない、生けるものへの憐れみがすばらしいと思い出家したとエピソードが出てきます。

長部経典 第16経「大般涅槃経」

「何かしらの善をもとめて出家した」とスバッダに話しています。

「四門出遊」関する「図解」は↓

「図解」1.実在したブッダ

 

さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじ

 

さらに用語を見る方はこちら↓

(参考:「用語集」もくじはこちら

えん坊
えん坊
えん坊も、西にケーキ屋さん、東にお菓子屋さん、南にレストラン、北にお寿司屋さん、どこ行こうか迷って困っちゃうよ~!

 

ぼーさん
ぼーさん
ブッダの教えの言葉のひとつの文字にも色んな意味があったりしますので、教えがさらに深まるように、ひとつの言葉の意味を簡潔にまとめていきます!
シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック