原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「マンガ」原始仏典

マンガ 中部教典 第26経・第36経「ブッダの苦行と成道と説法放棄!?の話」

マンガ「ブッダの成道」

中部教典 第36経「マハーサッチャカ経」(第26経「聖求経・せいぐきょう」は補足)

「身体の修行と心の修行」マンガ「ブッダの成道」topマンガ「ブッダの成道」マンガ「ブッダの成道」3マンガ「ブッダの成道」4

第36経「マハーサッチャカ経」には、

六師外道の一人、ニガンタ・ナータプッタの子供のサッチャカがブッダに

「心の修業をしてるが身体の修行をしてないと言われて」解答する話です。

 

ブッダはニガンタの子サッチャカに答えます。

「菩薩時代・ぼさつじだい(成道する前のブッダ)」に、バラモン以外の出家者のアーラーラ・カーラーマとウッダカ・ラーマプッタに教えを受けたが、涅槃に至らなかったので、苦行を放棄しました。」

と話をして、

その受けた教えを3つの比喩でたとえます。
「欲望は、水の中の湿った生木に火をつけるようなもの」

「欲望は、水から遠く離れた陸地で、湿った生木に火をつけるようなもの」

「欲望から離れると、水から離れた陸地で乾いた枯れ木に火をつけるようなもの」

 

それから、実践した苦行を回想して伝えます。

ブッダ
ブッダ
「歯を食いしばる苦行、呼吸をしない禅、豆を少量取るだけで過ごしたら、痩せこけた。腹の皮を触ろうとしてつかんだのは背骨でした。」

 

そして、苦行を放棄してから

(スジャータから)米の粥(かゆ)を供養してもらい、

 

四禅の瞑想をして、

夜の初更に「宿命智・しゅくめいち」、夜の中更に「天眼智・てんがんち」、夜の最後に「漏尽智・ろじんち」

の神通力を獲得して、四つの苦の真理「四諦・したい」を如実に知りました。

「煩悩を捨てられないから迷妄(めいもう)がある。煩悩をすてたら再生はない。」

と成道したエピソードが明細に書かれているお経です。

ぼーさん
ぼーさん
別の中部教典 第26経「聖求経」には、成道で得た「真理」はみんな理解するのが難しいから、ブッダが伝道を戸惑っていると、梵天ブラフマンが伝道をお願いするエピソードが出てくるよ!
えん坊
えん坊
な~んだ!ブッダもえん坊と一緒で、意外にめんどくさがり屋さんだったんだね!(笑)
さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」19.四禅の瞑想の説明

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック