「原始仏典」 ほぐし読み

法華経(ほけきょう)「従地涌出品第十五」(じゅうじゆじゅつほん)ほぐし読み⑮

従地涌出品第十五

この法華経(ほけきょう)「従地涌出品第十五」(じゅうじゆじゅつほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しました。

法華経「図解①」.法華経「図解②」と照らし合わせてみて下さい。

第十五章「従地涌出品第十五」(じゅうじゆじゅつほん)

前回、

第十四章「安楽行品第十四」では、ブッダは「四安楽行」の行いを説きました。

法華経 安楽行品第14
法華経(ほけきょう)「安楽行品第十四」(あんらくぎょうほん)ほぐし読み⑭ この法華経(ほけきょう)「安楽行品第十四」(あんらくぎょうほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しま...

「従地涌出品第十五」(じゅうじゆじゅつほん)

アーナンダ
アーナンダ
わたくしアーナンダは如是我聞しました!漢訳なので漢字なのです!

*この十五品から法華経28品全体を「二門」でわけた後半の「本門」に入ります。図解①で法華経全体を確認してみて下さい。

「図解」法華経①
法華経(ほけきょう)とは?わかりやすく内容や教えを理解する。「図解①」 大乗仏教の経典「法華経」(ほけきょう)・「妙法蓮華経」(みょうほうれんげきょう)の内容や教えをわかりやすく「図解①」と「図解②」で解説...

霊鷲山の上空の集会に参加していた偉大な菩薩たちが

「娑婆世界で法華経を説きます。」とブッダに伝えますが、

ブッダは「娑婆世界には菩薩がいるから大丈夫です。」と伝えます。

すると、

地から菩薩が涌きでて現れてでてきます。

その菩薩の中で、四大菩薩が

上行(勝れて行うもの)

無辺行(無限に行うもの)

浄行(清浄に行うもの)

安立行(堅固に行うもの)

です。

あまりにもたくさんの菩薩が出現したので、

弥勒菩薩はブッダに

「どのようにして、短期間でこんなにもたくさんの菩薩を導いたのでしょうか?」と尋ねます。

《従地涌出品第十五 おわり》 つづく

えん坊
えん坊
ぼーさん、いきなり地下から菩薩さんたちが湧き出てきたね。光を放つものいきなりだったし驚くことがおおいよね。
ぼーさん
ぼーさん
ほんとうだね。えん坊。やっぱりわかりやすいほうがいいよね!(笑)下に紹介する原始仏典もわかりやすいよね。続きも見てみよう!

マンガ「布喩経」布のたとえ
心の汚れを布の汚れに喩えるお経 原始仏典 中部教典 第7経「布喩経」(ゆふきょう)マンガ 心の汚れを布の汚れに例える説法 第7経 布喩経(ゆふきょう) 「衣のたとえ」 この...

つづきはこちら↓

第16
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝