「原始仏典」 ほぐし読み

法華経(ほけきょう)「分別功徳品第十七」(ふんべつくどくほん)ほぐし読み⑰

「分別功徳品第十七」(ふんべつくどくほん)

この法華経(ほけきょう)「分別功徳品第十七」(ふんべつくどくほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しました。

法華経「図解①」法華経「図解②」と照らし合わせてみて下さい。

第十七章「分別功徳品第十七」(ふんべつくどくほん)

前回、「如来寿量品第十六」では、ブッダは【良医治子の譬喩】(ろういじしのひゆ)を伝えて、自我偈(じがげ)を説きました。

※自我偈もほぐしているのでお勧めです。↓

「如来寿量品第十六」(にょらいじゅりょうほん)
法華経(ほけきょう)「如来寿量品第十六」(にょらいじゅりょうほん)ほぐし読み⑯ この法華経(ほけきょう)「如来寿量品第十六」(にょらいじゅりょうほん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整...

第17章「分別功徳品第十七」(ふんべつくどくほん)

アーナンダ
アーナンダ
わたくしアーナンダは如是我聞しました!漢訳なので漢字なのです!

《人々はブッダの寿命が長遠だと聞いて、大きな恩恵をうけました。》

大乗のブッダ

如来寿量は、ブッダの寿命はとても長い意味です。

そして、ブッダは弥勒菩薩に告げます。

わたしの寿命が長いことを聞いた衆生は、

「無生法忍」(むしょうほうにん)の生起する物事の空を知る智慧の、生死を超えて永遠の真理と合一する境地と、

「門持陀羅尼門」(もんじだらにもん)の仏の言葉を保持することと、

「楽説無碍弁財」(ぎょうせつむげべんざい)の相手の求めに応じて自在に法を説くことと、

「旋陀羅尼」(せんだらに)の聖なる言葉をめぐらせることを得ました。

大乗のブッダ

陀羅尼(だらに)とは、教えを保持する力で「総持」(そうじ)と訳され、善法でもって悪法を起きないようにする力用や、神秘な威力をもつ唱句です。

そして、

ブッダは弥勒菩薩に告げます。

仏の寿命の長遠なことを聞いて、たとえ一念の信解でも生じれば、

その人の功徳は限りない。

智慧波羅蜜を除いた、

五波羅蜜の
壇波羅蜜(だんはらみつ)・布施波羅蜜
尸波羅蜜(しはらみつ)・持戒波羅蜜
羼堤波羅蜜(せんだいはらみつ)・忍辱波羅蜜
毘梨耶波羅蜜(びりやはらみつ)・精進波羅蜜
禅波羅蜜(ぜんはらみつ)・禅定波羅蜜


を完全にすることの何百、何千、何億もすごいのです。

法華経を聞き、自ら書写し、人にも書写させる功徳は大きい、
法華経の経塚などで供養しなさい。

その功徳は無量無辺で、一切種智が生じます。

塔を建てる必要も、四事の布施(食物・衣服・臥具・湯薬)も必要なく、

七宝の仏舎利塔に等しいのです。

法華経を受持して、六波羅蜜をすれば、もっともすぐれた無量無辺です。

《分別功徳品第十七品 おわり》つづく

えん坊&プーニャ
えん坊&プーニャ
ぼーさん、六波羅蜜のことがでてるね!仏の寿命の長遠なことを聞いて、たとえ一念の信解でも生じれば、五波羅蜜よりすごいんだね。何億も・・・。
ぼーさん
ぼーさん
ほんとうだね。えん坊。これはこれでわかりやすい教えだね。。。 続きも見てみよう!

戒律はこちら↓

「図解」戒律
戒律とはわかりやすく 個人の「戒」と教団規則の「律」お経では「律蔵」(りつぞう) 戒律(かいりつ)とは、わかりやすく「図解」で説明します。戒律は、各個人に関わる「戒」(かい)と教団規則の「律」(りつ)で「戒律」(か...

梵行はこちら↓

「図解」梵行
「梵行」(ぼんぎょう)とは修行者の守るべき行い「戒」(かい) 梵行(ぼんぎょう)とは、出家者がまもる行い「戒」(かい)のことです。図解で説明します。「戒」とは、各個人に関わる、やってはいけない事...

つづきはこちら↓

第18

えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝