「原始仏典」 ほぐし読み

中部経典 第50経 降魔経 (こうまきょう)モッガラーナの前世は悪魔ドゥーシン ほぐし読み

第50経 降魔経

この中部経典 第50経「降魔経」(こうまきょう)モッガラーナの前世のお話は、以前に「原始仏典の教えを拾うために」大まかにまとめた内容をほぐし読みに整理しました。

中部経典 第五十経 降魔経 (こうまきょう)

「モッガッラーナの前生譚」

《経典のあらすじ》

悪魔パーピマンがモッガッラーナの腹に入りこむが、モッガッラーナの前世は悪魔ドゥーシンであったことをパーピマンに打ち明かす。前世の悪魔ドゥーシンには妹のカーリーがいて、妹カーリーの息子が悪魔パーピマンであったことを伝えて、悪魔パーピマンを退散させるのが描かれている、経典らしくない内容のお経ですが、大変興味深い内容です。

アーナンダ
アーナンダ
わたくしアーナンダはこう聞きました!

《モッガラーナが一人でいる時》

モッガラーナが空き地で一人で経行(きんひん・きょうぎょう)をしていました。

経行(きんひん)とは、座禅中に疲労をいやし、眠気を覚まし、または衛生のために、一定の場所を歩くこと。

すると、突然、

《悪魔パーピマンがモッガラーナの腹に入る》

悪魔パーピマンがモッガッラーナの腹の中にばれないように入ります。

モッガラーナ
モッガラーナ
うっ、わたしの腹は臨月(りんげつ)のように重苦しいが、なぜだろう・・・。

そこで、

モッガラーナは経行をやめて、

注意深く思い凝らしてみました。

すると、

悪魔パーピマンが自分のお腹に入っているのを見ました。

そして、

お腹の悪魔パーピマンに、

こう告げます。

モッガラーナ
モッガラーナ
悪魔パーピマンよ出てきなさい。如来や如来の弟子を困らせてはいけません。長い間あなたに不利益と苦しみとをもたらすことになりますよ。

悪魔パーピマンは、

自分の存在をモッガラーナに知られたことに驚いて、

モッガラーナのお腹から出てきました。

モッガッラーナは悪魔パーピマンに、

こう伝えます。

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
わたしの前世は悪魔ドゥーシンという名の悪魔であって、

カーリーという妹がいたのだ。

そして、

その妹の息子が、

君、悪魔パーピマンなのだよ。

モッガラーナは、

続けて悪魔パーピマンに伝えます。

その前世の時には、カクサンダ世尊が世にでていたのです。

過去七仏(かこしちぶつ)

1、ヴィパッシン
2、シキン
3、ヴュッサブー
4、カクサンダ
5、コーナーガマナ
6、カッサパ
7、シャカ(ブッダ)

ぼーさん
ぼーさん
ブッダの過去仏、過去七仏の四番目の如来がカクサンダです。
過去七仏のことは、長部経典 第14経「大本経」の時に紹介しますね!

そして、カクサンダ仏の弟子の話をします。

《過去世カクサンダと二人の側近の話》

カクサンダ仏には、

比べることができない賢者のヴィドゥラ(無類の者)と、
サンジーヴァ(蘇生した者)の賢明な弟子がいました。

ある日のことです、

サンジーヴァが林の中で一人、想受滅の瞑想に入っていたら、

それをみた近所の人が、

近所の人
近所の人
「なんとまれなことだ!この沙門は座ったまま死んでいる!彼を火葬しよう。」

と、

草や木や牛糞を積み重ねて、

サンジーヴァに積み上げて火をつけて去っていきました。

次の日、

サンジーヴァは瞑想から出定して、托鉢に出かけます。

火をつけた人々が、

托鉢しているサンジーヴァをみて、

近所の人
近所の人
「なんとまれなことだ!このすわったまま死んだ沙門が、生き返っている。」

と”蘇生した者”と呼び名が付いたのです。

話が戻り、

モッガラーナの前世は悪魔ドゥーシンの時の話をします。

《悪魔ドゥーシンは人々に憑りついて、修行僧を困らせる》

わたしは悪魔ドゥーシンの時に、

人に憑りついて、

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
戒と、よき教えを保っている修行僧たちを怒らせよう。

そうすれば、

修行僧たちにつけいる隙ができるだろう。

と考えて、

人に憑りついて、

「禿げ頭で卑しく黒く、梵天の足より生まれたえせ沙門たち。」

と修行僧たちにに罵声を浴びせ怒らせ、困らせました。

その時、

《カクサンダ仏が四無量心を説きます。》

カクサンダ仏は、

修行僧にこう言いました。

カクサンダ仏
カクサンダ仏
あなたたちは慈愛のこもったこころと、

慈しみのこころと、

喜びをともなったこころと、

偏りのない中庸なこころとを、

一つの方向へ広げて住みなさい。

同様に、

第二の方向へ、

第三の方向へ、

第四の方向へと、

上下左右すべてに、

全世界のあらゆるところに、

広大でおおいなる無限の、

怒りのない、

害を加えることのない、

慈愛の心を広げて住みなさい。

と、

四無量心の瞑想を説きました。

《悪魔ドゥーシンは再び修行僧を困らせます。》

わたしは悪魔ドゥーシンの時に、

再び、修行僧たちを困らせようと、

人に憑りついて、

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
戒を保ち、よき教えを保っている修行僧たちを褒めたたえよう。

そうすれば、

修行僧たちにつけいる隙ができるだろう。

と考えて、

修行僧たちを、尊敬して、尊重して、敬意を表し、供養したのです。

その時、

《再びカクサンダ仏が身受心法を説きます。》

カクサンダ仏は、

修行僧たちにこう言いました。

カクサンダ仏
カクサンダ仏
あなたたちは、

身体を不浄であると観て住みなさい。

すべての世間を喜びのないものであると思って、

諸行を無常であるとみて住みなさい。

と、身受心法の瞑想を説きました。

そして、カクサンダ仏と修行僧は托鉢に出かけます。

《カクサンダ仏と修行僧たちは托鉢にでる》

一方でそれを見ていた、

悪魔ドーシンのわたしも、

一人の子供に憑りついて、

托鉢についていき、

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
ヴィドゥラ尊者の頭を石で打ちつけたのだ。

ヴィドゥラ尊者は頭から血を流しながら、

カクサンダ仏の後ろで托鉢につき従っていました。

すると、

カクサンダ仏は、

象が振り返ってみるように振り返り、

カクサンダ
カクサンダ
この悪魔ドゥーシンは限度をしらない!カッ!!!

そのとたん、

悪魔ドゥーシンのわたしは、

その場から堕ちて、

大地獄に生まれました、

大地獄には、三つの名前がありました。

「六つの接触の対象をもつもの」、

「杭に打たれるところ」、

「個別に苦を受けるところ」

地獄の番人が悪魔ドゥーシンのわたしのところにきて、

地獄の番人
地獄の番人
賢者よ、杭と杭とがあなたの心臓で交差するとき、あなたは、千年間地獄で苦しむことを知るでしょう。

パーピマンよ、

わたしは何千年も大地獄で苦しんだのです。

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
わたしの身体は人のようでしたが、頭は魚のようでした。

《モッガラーナパーピマンに偈をうたう》

モッガッラーナがパーピマンに偈で、

仏弟子を苦しめる悪の行いは、

大きな悪を受けることになると説き伏せてると、

パーピマンは消え去りました。

カクサンダ仏

仏の顔も三度まで!カッ!

***「モッガッラーナの前生譚」完***

 

このお経のブッダの教え

《四無量心・しむりょうしん》

怒りの気持ちには、慈悲喜捨で対応することが説かれています。

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
戒と、よき教えを保っている修行僧たちを怒らせよう。

カクサンダ仏
カクサンダ仏
慈愛のこもったこころと、

慈しみのこころと、

喜びをともなったこころと、

偏りのない中庸なこころを、

無限に広げて住みなさい。

慈悲喜捨・四無量心「図解」ブッダの教え
「慈悲喜捨」(じひきしゃ)四無量心の瞑想、ブッダの教え 原始仏典にでてくる慈悲喜捨(じひきしゃ)を「図解」と「経典」で説明します。慈悲喜捨の瞑想とは、四無量心(しむりょうしん)とも呼ばれ、...
《身受心法・しんじゅしんほう》

慢心(まんしん)や傲慢(ごうまん)な気持ちには、自己を不浄でみて、無常をみることが説かれています。

悪魔ドゥーシン
悪魔ドゥーシン
戒を保ち、よき教えを保っている修行僧たちを褒めたたえよう。

カクサンダ仏
カクサンダ仏
あなたたちは、

身体を不浄であると観て住みなさい。

すべての世間を喜びのないものであると思って、

諸行を無常であるとみて住みなさい。

四念処(しねんじょ)身受心法(しんじゅしんほう)「図解」
四念処(しねんじょ)・四念住(しねんじゅう)気づきの瞑想「身受心法」 「四念処」(しねんじょ)・「四念住」(しねんじゅう)を「図解」で説明します。「四念処・四念住」は気づきの瞑想、「ヴィパッサナー瞑想」...

えん坊
えん坊
ぼーさん!人からののしられても慈悲喜捨の気持ちで対応して、おべんちゃらで褒めたたえられても、身受心法の不浄観で見て自己を制していくんだね!
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、ほんとうだね!物語みたいでお経らしくないけど、内容はきちんと原始仏典のブッダの教えが教えられているね!怒りには慈しみで対応することは大念処経の五蓋でも解説してますよ!

このように、
本物の原始仏典はほんとうに楽しい経典も書かれているので、
ぜひ読んでみてください↓楽しくなりますよ!

パーリ仏典一覧はこちら

パーリ仏典一覧

怒りには慈しみを↓

第22経 大念処経

 
 
モッガラーナの前世説話はこちら↓
モッガラーナの前世
モッガラーナの前世は悪魔ドゥーシン① 全2話 マンガ仏教「説話」「モッガラーナの前世①」 このモッガラーナの前世のお話は、 すずき出版「仏教説話大系」1982年出版著者:山田巌雄代表 仏教説話体系編...
えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝