「原始仏典」 ほぐし読み

感受の観察 心の観察 瞑想方法 大念処経④ほぐし読み ブッダの教え

大念処経④

感受の観察 心の観察 長部教典 第22経 大念処経(だいねんじょきょう)④

「身受心法」(しんじゅしんほう) 感の観察・の観察

長部経典 第22経「大念処経」(だいねんじゅきょう)のほぐし読みの第4話の感受の観察、心の観察になります。大念処経は、すべてが瞑想の教えになります。頭の中で身受心法を実修しているイメージで読み進めることをおすすめします。長いお経ですので、段落で分けて紹介します。ピンク色の文字は図解で解説がありますので、図解↓と連動して読んでみて下さい。

アーナンダ
アーナンダ
世尊は身体の観察を終えて、次に、感受の観察の説法をしました。わたくしアーナンダはこう聞きました!

『大念処経ほぐし読み①』はこちらです

《感受に関して、感受を観察する》

それでは、修行僧たちよ、どのようにして感受に関して感受を観察するのだろうか?

ここに修行僧たちよ、修行僧は楽しみの感受を感じれば「わたしは楽しみの感受を感じている」と知り、
苦しみの感受を感じれば「わたしは苦しみの感受を感じている」と知るのです。

また、苦しみでもなく楽しみでもない感受を感じれば「わたしは苦しみでもなく楽しみでもない感受を感じている」と知るのです。

また、肉体的楽しみの感受を感じれば「わたしは肉体的楽しみの感受を感じている」と知り、
非肉体的楽しみの感受を感じれば「わたしは非肉体的楽しみの感受を感じている」と知るのです。

また、肉体的苦しみの感受を感じれば「わたしは肉体的苦しみの感受を感じている」と知り、
非肉体的苦しみの感受を感じれば「わたしは非肉体的苦しみの感受を感じている」と知るのです。

このように、内に、自分自身の感受ついて感受を観察し、
また、客観的に自分の感受について感受を観察し、
あるいは内と外、自分自身の感受について感受を観察していくのです。

また、感受の中で生起してくる現象を観察し、
また、感受の中で消滅する現象を観察し、
また、感受の中で生起し消滅していく現象を観察していくのです。

そして、観察して知った分だけ、観察して記憶した分だけ、
「ただ感受のみが存在する」という念(おも)いが、自分自身には現れてくるのです。

そうすると、なにかに依存するということがなく、
この世のなかで、なにものにも執着しないのです。
修行僧たちよ、修行僧はこのようにして感受について感受を観察するのです。

《心について心を観察する》

つぎに、修行僧たちよ、どのようにして心について、心を観察するのだろうか?
ここに修行僧たちよ、修行僧は、貪りのある心を「貪りのある心である」と知り、
貪りを離れた心を「貪りを離れた心である」と知るのです。

また、憎悪のある心を「憎悪のある心である」と知り、
憎悪を離れた心を「憎悪を離れた心である」と知るのです。

また、迷妄のある心を「迷妄のある心である」と知り、
迷妄を離れた心を「迷妄を離れた心である」と知るのです。

また、統一した心を「統一した心である」と知り、
散乱した心を「散乱した心である」と知るのです。

また、広大な心を「広大な心である」と知り、
広大でない心を「広大でない心である」と知るのです。

また、最高の心を「最高の心である」と知り、
最高でない心を「最高でない心である」と知るのです。

また、統一された心を「統一された心である」と知り、
統一されてない心を「統一されてない心である」と知るのです。

また、解脱した心を「解脱した心」と知り、
解脱していない心を「解脱していない心である」と知るのです。

このように、内に、自分自身の心ついて心を観察し、
また、客観的に自分の心について心を観察し、
あるいは内と外、自分自身の心について心を観察していくのです。

また、心の中で生起してくる現象を観察し、
また、心の中で消滅する現象を観察し、
また、心の中で生起し消滅していく現象を観察していくのです。

そして、観察して知った分だけ、観察して記憶した分だけ、
「ただ心のみが存在する」という念(おも)いが、自分自身には現れてくるのです。

そうすると、なにかに依存するということがなく、
この世のなかで、なにものにも執着しないのです。
修行僧たちよ、修行僧はこのようにして心について心を観察するのです。

ほぐし読み④ここまでおわり
身(身体は不浄)受(感受は苦)心(こころは無常)法(あらゆる物質は無我)
「四念住」の「感受の観察」「心の観察」

  • 身受心法の「受」と「心」を観察する瞑想です。
  • 感受は「苦」、心は「無常」を観察して、この世における貪欲や憂いの対象からの離脱や除去していく瞑想部分になります。

感受がでてくる他のお経を見てみましょう。

感受の教えがでてくるお経

中部経典 第59経「多受経」(たじゅきょう)

中部経典 第59経「多受経」(たじゅきょう)

棟梁のパンチャカンガと尊師ウダーイが感受に関して、ブッダの教えの認識の違いが生じ論争するお話です。

棟梁パンチャカンガはこう言います。
「世尊は苦の感受と楽の感受の、二つの感受を説かれました。」

尊師ウダーイはこう言います。
「世尊は、苦と、楽と、苦でもなく楽でもない、三つの感受を説かれた。」

ブッダは言います。
「根拠にもとづき、二つの感受も説き、三つの感受も説き、五つの感受も説き、六つの感受も説き、十八の感受も説き、三十六の感受も説き、百八の感受も説きます。」

二つの感受は、
「身体に感じる感受と心に感じる感受」の二種

三つの感受は、
「楽の感受、苦の感受、不苦不楽の感受」の三種

五つの感受は、
「身体に感じる苦の感受(苦受)、心に感じる苦の感受(憂受)、
身体に感じる楽の感受(楽受)、心に感じる楽の感受(喜受)、
不苦不楽の感受」の五種

六つの感受は、
「眼・耳・鼻・舌・身体・意の六種の感覚器官によって感じられる感受」の六種

十八の感受は、
「眼・耳・鼻・舌・身体・意の六種の感覚器官の感受」を
「楽・苦・不苦不楽」の三種にわけた十八種

三十六の感受は、
上記「十八の感受」が、「世俗の生活に基づいた感受と、世俗を離れた聖なる生活にもとづいた感受」の二種にわけた三六種

百八の感受は、
上記「三六の感受」が、「過去、現在、未来」の三種にわけた百八種

ぼーさん
ぼーさん
煩悩が108ある”いわれ”の一つがこのお経に出てきていますね!

ちなみに、四苦八苦(しくはっく)のシク、4x9=36、ハック、8x9=72 足して108になるから煩悩が108とも言われたりしますね。

しかし、感受はすべて「苦」が正解ですね!

感受は「苦」の説明

「図解」三毒・煩悩の実体

えん坊
えん坊
ぼーさん!この「多受経」は四禅の説法がでてきて、さいごに「想受滅」の教えがでてきて、さらに、ブッタが「想受滅」とはどのような教えかも説明しているね!またほぐし読みにしてね!

《ほぐし読み》多受経(たじゅきょう) (仮)

中部経典 第13経「大苦蘊経」(だいくうんきょう)

中部経典 第13経「大苦蘊経」(だいくうんきょう)

感受の味・・・四禅の実修で、悩害のない感受だけを感受する。
感受の苦患・・・感受は無常であり、苦であり、変化するもので苦しみである。
感受から離れる。

ぼーさん
ぼーさん
このお経は死体の観察もでてきましたね!「大念処経ほぐし読み③」を確認してください!

つぎに、「大念処経」ですべての観察の後にでてくる、「生起して衰滅する現象」の教えが出てくるお経を見てみましょう。

生起して衰滅する教えがでてくるお経

長部教典 第1経「梵網経」(ぼんもうきょう)

長部教典 第1経「梵網経」(ぼんもうきょう)

《生起して衰滅する現象の教え》

執着された常住論の見解は、このような趣く先をもたらし、このような未来をもたらすであろうとブッタはこれを知り、またこれよりも勝れたことを知る。と、ブッタの覚りの教示を説法します。

「ブッタは固執がないから、心のうちに寂静があり、感受の生起する原因消滅と過患と出離とを正しく知って、執着を離れている。」

これが、「深遠で見がたく、了知しがたいが、寂静で勝れており、思考と思惟を超えていて、微妙で賢者だけが理解できる諸法である。」そして、「このブッタの自ら悟り体現している教示を賞賛することが、ブッタをあるがままに賞賛して正しく語ることである。」

《生起して衰滅する現象の解説》

ブッタの覚った十二縁起の、

すべて感受から煩悩が湧きおって「生起する」、
その執着から離れることが寂静の境地で「衰滅する」

ことが説かれています。

ぼーさん
ぼーさん
なんと、第1経の「梵網経」で、すでに生起して衰滅する真理がでてきていたのですね!気づいていましたか?

梵網経に書かれている内容に、

この「生起して衰滅する現象」の教えはブッダをあるがままに称賛して正しく語ることである。

とでています!

「大念処経」ではすべての観察のあとに、この「生起して消滅する現象」をブッダは説法をしています。

このことを踏まえても、

身受心法は呼吸を観察するだけが目的ではなく、煩悩の生起と消滅を観察していき、十二縁起の理解を深めていくことが大事なのがよくわかります。

煩悩をなくして再生しないのがブッダの教えの目的なのです。

さらに補足すると、四諦の集諦の「苦の原因」の真理は十二縁起のことです。ブッダの教えは「苦」の真理の教え「四諦」だということをしっかり理解しなければいけないことが、たくさんのお経で教示されています。この大念処経の後半でも四諦の教えがきちんとでてきます。

これを理解したら、

観察の実践の「大念処経」のイメージをもちつつ、「梵網経」にでてくる「生起と衰滅」の部分を拾いながら読むと、さらに「大念処経」の理解が深まります。
それと同時に、間違った見解からも解き放たれていくことになりますね。

お経を繰り返し読んでいく事が、ブッダの教えの理解にとても大事になります。

「梵網経」(ぼんもうきょう)↓

つぎに、こころの教えが出てくるお経を見てみます。

こころの教えがでてくるお経

「貪りある心を、貪りある心と洞察します。貪りから離れた心を、貪りから離れた心と洞察します。怒りの心、愚痴の心、委縮した心、散漫な心、広大な心、無上の心、安定した心、解脱した心も同じように洞察します。」

《〇〇経 より》

ぼーさん
ぼーさん
さて、ここで問題です。上記の教えはどのお経にででてきているでしょうか?

1、梵網経
2、沙門果経
3、聖求経

答えのお経の部分を読めば、「大念処経」が”自分を観察する瞑想”だというのがよく解りますよ!

こたえのお経はこちら↓
プーニャ&えん坊
プーニャ&えん坊
ぼーさん!「大念処経」では感受もこころも簡単にしかでてきないけど、とても奥が深いね!

しかし、ブッダの教えをクイズにしちゃって、、。まったく、、、!

ぼーさん
ぼーさん
えん坊!ほんと奥が深いね!
ほかのお経では教えで出てきて、「大念処経」では瞑想の実践ででているんだね!

ブッダの教えのお経は、ばらばらの教えではなく、繋がっている(関連している)ことを理解してもらいたいからついついクイズにしちゃったよ、、、。

逆に言うと、「このお経がすべてだ!」「このお経だけだ!」「このお経のここにしか書いてない!」という固執も、もたなくていいということですね!

後半にも役に立つので予習と復習をかねて、問題の答えも、ぜひ読んで答えを探してみて下さいね!

仏教を学ぶなら、ブッダを称賛する「生起して衰滅する現象」の教えを理解していきたいですね!

大念処経つづき

大念処経⑤「仮」

えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝