原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「図解」ブッダの教え

「図解」12.ブッダの教え「四諦」(したい)苦の真理と解決法

「図解」四諦(したい)

 

えん坊
えん坊
ねぇ、ぼーさん!煩悩のことなんとなくわかってきたけど、やっぱり複雑だよ!整理しておしえてよ!
ぼーさん
ぼーさん
えん坊の言うとおり、ちょっと複雑だね!でも安心してね!ブッダは煩悩の解決を4つに整理して教えてくれてるよ!

 

「図解」四諦

四諦(したい)は「苦」の解決方法

四諦は「苦」の解決方法を「四つ」(苦・集・滅・道)の観点を「縁起」で説明してます。

 

 

苦諦(くたい)

ブッダ
ブッダ
この世は「苦」である真理を教えています。

これは「四法印」(しほういん)の「一切皆苦」(いっさいかいく)のことです。

四法印(しほういん)「一切皆苦を抜いて、三法印(さんぼういん)」

・諸行無常(しょぎょうむじょう)
・諸法無我(しょほうむが)
・涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
・一切皆苦(いっさいかいく)

参考:「図解」10.ブッダの見た「一切皆苦」の「四法印」

 

集諦(じったい)

ブッダ
ブッダ
「苦」の原因がある真理を教えています。

これは煩悩が発生する順序を表した「十二縁起」(じゅうにえんぎ)のことです。

集諦(じったい)の原意(もともとの意味)は生起する、集める、結合の意味です。

十二縁起(じゅうにえんぎ)

12の心理作用の名前とはたらきです。
・六処(ろくしょ)
・触(しょく)
・受(じゅ)
・愛(あい)
・取(しゅ)
・有(ゆう)
・生(しょう)
・老死(ろうし)
・無明(むみょう)
・行(ぎょう)
・識(しき)
・名色(みょうしき)

参考:「図解」13.十二縁起の説明

 

滅諦(めったい)

ブッダ
ブッダ
「苦」の消滅がある真理を教えています。

これは「三法印」(さんぼういん)の「涅槃寂静」(ねはんじゃくじょう)のことです。

三法印(さんぼういん)「一切皆苦を入れて、四法印(しほういん)」

・諸行無常(しょぎょうむじょう)
・諸法無我(しょほうむが)
・涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
・一切皆苦(いっさいかいく)

参考:「図解」9.ブッダの見た真理「三法印」

 

道諦(どうたい)

ブッダ
ブッダ
「苦」の消滅に導く道の実践を教えています。

 

四諦の「道諦」(どうたい)苦の滅を実現する修行方法が八正道です。
八正道を修得すると「中道」(ちゅうどう)ひとつのことに囚われない境地が得られます。

八正道(はっしょうどう)

・正見(しょうけん)は正しい見解です。
・正思惟(しょうしゆい)は正しい考えです。
・正語(しょうご)は正しい言葉です。
・正業(しょうぎょう)は正しい行為です。
・正命(しょうみょう)は正しい生活です。
・正精進(しょうしょうじん)は正しい努力です。
・正念(しょうねん)は正しい気づきです。
・正定(しょうじょう)は正しい集中です。

これはブッダの修行方法の「八正道」(はっしょうどう)のことです。
参考:「図解」16.八正道の説明

 

原始仏典でブッダが語る「四諦」(したい)

箭喩経(せんゆきょう)より
「これは苦である」
「これは苦がでてくる原因である」
「これは苦の消滅である」
「これは苦の消滅に導く道の実践である」
この苦の解決の四つの真理である「四諦」をわたしは教えます

清浄経(せいじょうきょう)より
「何を説かれたのか?なぜそれを説いたのか?」
「四諦を説いた。道義にかなっており、清らかな修行の基本、脱俗、離欲、滅尽、安らぎ、智慧、完きさとり、ニルバーナにも導くから」

 

三転十二行相(さんてんじゅうにぎょうそう)

四諦(したい)を「示(知る)・勧(実践)・証(確認)」の三転から考察すること。

ブッダ
ブッダ
わたしはこの四諦(したい)を「示(知る)・勧(実践)・証(確認)」の三転から考察し如実知見しっました。四諦を三転見たので「三転十二行相」ともよびます。

 

えん坊
えん坊
ブッダは「苦」が発生する原因から消してしまう方法もきっちり整理して教えてるんだね!やっぱりブッダってすごいね!
ぼーさん
ぼーさん
「四諦」は色んなお経にでてくるとても重要な教えです。ここではシンプルに「苦集滅道」4つの真理(諦・たい)があると覚えてください!
さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじはこちら

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック