原始仏典(パーリ仏典)一覧はこちら
「図解」ブッダの教え

「図解」16.ブッダの教え 「八正道」(はっしょうどう)

ブッダの教え「図解」八正道

 

えん坊
えん坊
ねぇ、ぼーさん!やっぱり修行ってきくと難しくて、えん坊にはとうてい無理なのかな~?ぐすん。。。
ぼーさん
ぼーさん
えん坊、三十七道品の修行法を聞いてへこんだんだね!ごめんよ(汗)。でも大丈夫!八正道ですべておさまるからね!

 

ブッダの教え「図解」八正道1

八正道(はっしょうどう)

八正道(はっしょうどう)は八つの正しい生き方の修業方法です。
四諦(したい)の道諦(どうたい)、「苦」の滅を実現する真理の実践方法になります。

ブッダの教え「図解」八正道3四諦

正見(しょうけん)

正しく四つの真理をみる(四諦を見る)
「四諦の智」ともいわれ、他の七つができて実現できる境地です。

 

正思惟(しょうしゆい)

正しく四諦の道理を考え判断することです。
「身口意(しんくい)」の三業(さんごう)の意業(いごう)です。こころの働きを正しくしていくことです。

具体的には、
・無害心(むがいしん)の「他の生命を傷つけない気持ち」
・無瞋恚(むしんに)の「怒らない気持ち」
・無貪欲(むとんよく)の「必要以上に欲張らない」の三つです。

ブッダ
ブッダ
正思惟は、害すること、怒り、欲から離れることです。

 

正語(しょうご)

真実のある正しい言葉を使うことです。
「身口意(しんくい)」の三業(さんごう)の口業(くごう)、言葉を正すことです。

ブッダ
ブッダ
正語は、嘘や悪口を言わないことです。

 

正業(しょうぎょう)

正しい行為をおこない、間違った行為はしないことです。
「身口意(しんくい)」の三業(さんごう)の身業(しんごう)、身体の行いを正すことです。

ブッダ
ブッダ
正業は、無駄に生き物を殺したり、人のものを盗んだり、悪業はしないことです。

 

正命(しょうみょう)

正しい生活をすることです。

ブッダ
ブッダ
三業の「身・口・意」を正した、規則正しい生活を過ごすことです。

 

正精進(しょうしょうじん)

正しく覚りに向かって努力することです。

ブッダ
ブッダ
三業の「身・口・意」を正すと、努力する精進ができます。

 

正念(しょうねん)

欲望を離れて正しく気付くことです。

ブッダ
ブッダ
観察する瞑想の「ヴィパッサナー瞑想」のことです。
ぼーさん
ぼーさん
「四念処(しねんじょ)」身・受・心・法(しんじゅしんほう)の今の状況に気付く4つの観想法もヴィパッサナー瞑想のひとつです。
(参考:「図解」18.「四念処・しねんじょ」気づきの瞑想 )

 

正定(しょうじょう)

正しく精神を集中して安定させることです。

ブッダ
ブッダ
精神統一する瞑想の「サマタ瞑想」のことです。

(参考:「図解」19.「四禅」色界の精神統一の瞑想

 

まとめ(要約すると)

三業(さんごう)の
身業(からだ)
口業(くち)
意業(こころ)
をよくする教えの実践です。

正しく実践すれば、正見(しょうけん)の境地になり、
「中道(ちゅうどう)」が得れます。

ブッダ
ブッダ
中道は「偏りがないこころ」のことです。
ぼーさん
ぼーさん
七覚支の「捨」(しゃ)の対象への執着がなく偏ったこころもない「中庸・ちゅうよう」の気持ちに似てますね!
参考:「図解」15.七科三十七道品の説明

 

えん坊
えん坊
修行って、正しい行動をしていくことなんだね!それなら、ぼくえん坊にもできるよ~!
サーリプッタ
サーリプッタ
えん坊、正解!ニヤリ!

 

ブッダの教え「図解」八正道2
さらに詳しく知りたい人はこちら↓

(参考:「図解」ブッダの教えもくじはこちら

シェアお願いします!
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!
ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。継続する励みになります。宜しくお願い致します。

「えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典」
「実在したブッダ」はこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック