「原始仏典」 ほぐし読み

法華経(ほけきょう)「方便品第二」(ほうべんぽん)ほぐし読み②

法華経 方便品第二

この法華経(ほけきょう)「譬喩品第三」(ひゆほんだいさん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しました。

法華経「図解①」.法華経「図解②」と照らし合わせてみて下さい。

法華経(ほけきょう)「方便品第二」(ほうべんぽん)ほぐし読み

第2章「方便品第二」(ほうべんぽん)

前回、ブッダは白毫から光を放ち、大乗の正しい経典を説き示すでしょう。で終わりました。

法華経 方便品第二

アーナンダ
アーナンダ
わたくしアーナンダは如是我聞しました!漢訳なので漢字なのです!

《ブッダはサーリープッタに話します》

仏の智慧は深遠で、見がたく、如来がさとった智慧は、声聞、縁覚の道を行くものが知るところではないのです。

今まで方便を使って人を真理に導いてきましたが、わたしが成就したのは難解の法であり、声聞、縁覚たちには理解しがたいので説くのをやめておきましょう。

声聞・縁覚・方便の意味はこちら↓

法華経「図解②」
法華経(ほけきょう)をわかりやすく理解する。「図解②」法華経の言葉の意味・数の表現 https://buddha.pink/buddhism/124/ 法華経に出てくる言葉の意味わかりやすく ...


ただ、わたしと仏のみ
相・性・体・力・作・因・縁・果・報・本来究竟等と、
究極においては等しい諸法の実相を見極めているのです。

「十如是」(じゅうにょぜ)
相(そう)・すがた
性(せい)・性質
体(たい)・形
力(りき)・能力
作(さ)・作用
因(いん)・過去の由来
縁(えん)・おかれた状態
果(か)・現在の結果
報(ほう)・未来の在り方
本来究竟等(ほんらいきゅうきょうとう)・すべては究極にあいて等しいさま

※サンスクリット語訳では、「如来はあらゆる現象を知っている。その現象がなにか?どうのようなものか?いかなる本質をもつか?」と訳されていて、具体的な十の要素の用語はでてきまていません。 この十如是は鳩摩羅什訳で足された可能性があるともいわれてます。

えん坊&プーニャ

付け足されたことを知らなかったら、後で見た人はそこが重要と思っちゃうよね。

「十如是」は、中国天台宗開祖智顗によって教義が展開して、三つの真理が融合している意味と解説もされています。

■空諦(くうたい)・空の真理。すべては不変の実体をもたない意味
■仮諦(けたい)・仮の現れとしての真実。すべて空であっても生起する物事がある意味
■中諦(ちゅうたい)・中道の真理。現実は空諦と仮諦のどちらにも偏らずにある意味

えん坊&プーニャ

原始仏典の四諦とちがう教義の展開になっているね。

原始仏典でブッダの成道でみた四諦はこちら↓
四諦(したい)「図解」
四諦(したい)とは、わかりやすく 苦諦(くたい)・集諦(じったい)・滅諦(めったい)・道諦(どうたい)「苦集滅道」4つの真理の苦の解決法 四諦(したい)をわかりやすく「図解」で説明して、原始仏典でブッダが四諦を説法する経典も紹介します。ブッダが成道のときに知見した「四つ...
マンガ「ブッダの成道」
ブッダの苦行と成道のお経 マンガ原始仏典 中部 第36経「マハーサッチャカ経」、第26経「聖求経」 原始仏典にでてくる、ブッダの苦行と成道のエピソード 第36経「マハーサッチャカ経」第26経「聖求経・せいぐきょう」をマンガにしました...

声聞、縁覚、阿羅漢でも、法の深遠を知ることはできないのです。
しかし、わたしや仏は人々を苦から引き出すために、

方便の力で三乗の教えを説いてきたのです。

【方便の力】
方便・・・原語「ウパーヤ」は近づくの意味で、
到達の手段の意味さとりに導いて救済する手段。

《サーリプッタや他の者たちが疑念をもつ》

これを聞いた、サーリープッタや他の者たちは、ブッダに疑念を持ち、聞きました。

「なぜ方便を讃えて、真実を知ることができないと語るのですか?どうか悟りに至る道をお聞かせ下さい。」

ブッダは答えます。
「いえ、説くのは辞めておきましょう。語れば神々も人も驚き疑いの心を増やすでしょう。」

サーリープッタは三度お願いを求めました。

ブッダは答えます。
「わかりました。これからあなたたちに、言葉を選んで語り聞かせます。」

この時、増上慢におちいっている、出家と在家の5千人が立ち去ります。

諸仏は知見を示し、悟らせ、道に行かせる、一大事の因縁(人々に仏の知見の一切種智を示して、人々をさとらせる)のために、この世に表れるのです。

仏は一仏乗を説くのであって、
声聞・縁覚の二乗
声聞・縁覚・菩薩の三乗とかを説くのではありません。

方便の力をもって、一仏乗(声聞・縁覚・菩薩すべて合わせた教え)の一切種智に導くためなのです。
人々が貪瞋痴に犯されているので、方便の力で三乗を説くのです。

【一仏乗】(いちぶつじょう)

声聞(四諦の教え)・縁覚(十二因縁の教え)・菩薩(六波羅蜜)のすべての教えを統合したさとりへの乗り物の教え

しかし、声聞、縁覚に満足して阿耨多羅三藐三菩提(無上の真実の完全なさとり)を求めないならば、その人は増上慢ゆえに真理の道から外れているのです。

小さな法を求めて、深くて神秘な道に入れない人がいるので、
わたしは大乗を説きます。誰かを救いたくないという想いはありません。救いを惜しむことはありません。

苦悩を滅する涅槃の道をしめしましたが、

真実において諸法はもとより無上のさとりにあるのです。

無上の法を大一義に導きます。

仏が入滅したら、仏舎利を建てて、仏像をつくり、心から祈りなさい。

《法華経での初転法輪》

初転法輪のエピソードを説きます。

「世尊よ。ウパーヤ(方便の力)を発動して、生きとし生けるもののために三乗を説きたまえ。」と十方の諸仏の声を聞きました。

そして、

五比丘には生老の苦を滅する涅槃を説いて、阿羅漢の境地に引き上げました。

いま、方便をすてて、無上道をときます。

サーリープッタよ

仏の言葉の方便を聞いて心に喜びをもち、祈りを捧げるならば、

それは三世諸仏の一切に及びます。そしてみずから仏になることができるのです。

疑念を捨て去り、仏をめざしなさい。

《方便品第二 おわり》 つづく

えん坊
えん坊
へぇ~!ぼーさん、法華経では、ブッダの教えが成道で得た、四諦に、そのひとつの集諦の十二縁起教えを”方便”としてるんだね。そして、方便に疑念を持つな。とも言っているね!
ぼーさん
ぼーさん
ほんとうだね!えん坊!この章では、原始仏典に書かれているブッダの教えがきちんと出てこないけど、前世での初転法輪などが書かれているから、原始仏典へ対抗した内容が書かれていることも強く感じられるね。なぜなんだろうね?続きも見てみよう!

次回はこちら↓

法華経 譬喩品第三
法華経(ほけきょう)「譬喩品第三」(ひゆほん)ほぐし読み③ この法華経(ほけきょう)「譬喩品第三」(ひゆほんだいさん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しました。...

前回「序品第一」はこちら↓

法華経「序品第一」ほぐし読み
法華経(ほけきょう)「序品第一」(じょほんだいいち)ほぐし読み① この法華経(ほけきょう)「譬喩品第三」(ひゆほんだいさん)ほぐし読みは、「大乗仏教」の妙法蓮華経を、大まかにほぐし読みに整理しました。...

えん坊&ぼーさん マンガで楽しい原始仏典サイト
えん坊
えん坊
このサイト気に入ったらシェアして下さいね!ツイッターもしてますよ!@enbousan

このサイトでは、原始仏典にでてくる、

があります。クリックで確認ください!

ぼーさん
ぼーさん
見て下さった方ほんとうにありがとうございます。色々見て楽しんでください!宜しくお願い致します。

トップページはこちらマンガ実在したブッダ5-5ブッダをクリック

これも読んでみて☝